ウーマン

締まりが悪いドアは放置せずに修理業者に依頼しよう

連絡して解決

粘土の家

札幌は北海道の中で最も都会です。札幌駅の近くには多くの新築マンションが出来ています。しかし、中心街から外れると古い民家やアパートが沢山並んでいます。郊外は人気が少なくのんびりできるため、都会から移り住む人も多いです。古い建物に引っ越した時、心配なのがドアの鍵です。田舎では引っ越してからもドアの鍵を交換しない人が多いです。しかし、古い建物こそ鍵の交換をする必要があります。なぜなら、古い建物ではピンシリンダーと呼ばれる鍵が使われている事が多いからです。ピンシリンダーとは、ピンタンブラーを使用したシリンダー錠です。ピンタンブラーは、長さの違うピンを並べたタイプの錠の事です。ピンタンブラーは、アッパーピンとボトムピンに分かれており、更にバネで内筒側に押し付けられるようになっています。鍵をさしたとき、ピンが一致すれば内筒が回り、鍵が開くという仕組みになっています。ピンシリンダーは玄関、金庫など大事な所で使われています。最近では鍵の性能も高まっており、昔使われていたピンシリンダーをそのまま使っていると、ピッキング被害に遭う恐れがあります。札幌で防犯対策を徹底するには、プロの業者に依頼して、より複雑な構造になっている鍵に交換してもらうようにしましょう。古い建物では鍵とドアノブが一体になっている場合が多いです。この場合、ドアノブも交換する必要が出てきます。専門の知識がないと、ドアの開閉がうまくいかなくなってしまう可能性も出てきます。札幌でプロの業者に頼む事で、スムーズに交換を済ませることができます。また、鍵を紛失してしまった場合も、業者に連絡することですぐに駆けつけてもらう事ができます。